2009年11月23日

MJ

今までの人生で初めて一人で映画館に行ってきました。「THIS IS IT」を観てきました。
THIS IS IT

上映終了まであと数日、今日を逃したら観られるときがないと思い、レイトショーの時間の少しギリギリになって行きました。
映画館に行くのも半年以上ぶりで、なんとなくドキドキしてしまいました。

マイケル・ジャクソンのすごいファンというわけではなかったけど、観にいって本当によかった!
音楽に対してのこだわりや情熱、ファンに対する思いなどいろいろなものが画面を通して伝わってきました。ライブに行っているような感覚にも途中なって、立ち上がってリズムをとりたい気分になりました。
高揚した気分になった分だけ、終わってしまうときに哀しくなってしまいました。

妹も観にいってよかったと思ったみたいで、本を買ったらしい。
実家に帰ったら、見せてもらおう。
posted by nakamaki at 23:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

カンナさん大成功です!

気軽に見られるラブコメディー揺れるハートでした。
ヒロインのカンナさん役のキム・アジュンが歌も上手くて、ナチュラルビューティーで素敵でした。
整形して綺麗になって、大成功!かと思ったらそういうわけでもなかったです。
最後はちょっとホロっとさせられて。
美人とブスに対するあからさまな態度の違いとかがベタすぎて、漫画っぽくて笑えました。
ライバル役の女の子の結末は?とか突っ込み所もありましたが、元気になれる映画でした。

それにしても整形前の95キロのカンナさんを特殊メークで演じてるっていうのがびっくりでした。
posted by nakamaki at 12:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

かもめ食堂

ずーっと見たいなと思っていて、やっと見ることができました。
のんびり、和む映画でした。
笑いもところどころあって(ガッチャマンの歌、鞄の中にキノコ。。。等)。

小林聡美が凛とした感じを持っていて素敵でした。
フィンランド行ってみたいな〜。
posted by nakamaki at 23:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

プレステージ

早めに帰って、映画を観に行ってきました。

華やかなマジック対決を期待して見たのですが、違ってました。
ドロドロとした男同士の復讐劇って感じだったかな。サスペンスとかでもなく、SFが入ってました。
まさか、SFチックなのが絡んでくると思わなくて途中で出てくるシーンを深読みし過ぎてしまいました。

映画館にもう一度行こうとは思わないけど、またDVDで観たいな。
結末が分かった今でも謎が残ってる部分もあるし、細かい伏線を見直してみたいです。
ただ、暗い気分になってしまうかな。。
posted by nakamaki at 22:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

ゴーストライダー

前に予告編をみて気になってました。
いかにもアメコミって感じ。ニコラス・ケイジのライダー姿はかっこよかった。
それに、身体が結構ムキムキだった。
細かいところを気にせずに、単純に楽しめばいいって話でした。
バイクを口笛で呼ぶところには「犬かよっ!?」って突っ込みは入れたくなったけどね。

ちょっと敵が弱すぎだったかな。
続編がありそうな終わり方でした。
posted by nakamaki at 23:15| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

007 カジノ・ロワイヤル

007 カジノ・ロワイヤル観てきました。

ボンド役のダニエル・クレイグがかっこよくて素敵だった。
最初はそうでもなかったけど、アクションもすごいし見ているうちに惹かれてしまいました。
テレビでやってるのをチラリと観るくらいはあったけど、ちゃんと007シリーズを観たのは初めてでした。

終わりが切なかったなぁ。
でも、老朽化したビル崩壊のシーンは壊しすぎ!って思いました。
アクションシーンとかの度にちょっと声をあげてしまいました(・・;)
posted by nakamaki at 22:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

椿山課長の七日間

今回もオンライン試写会で見ました。
椿山課長の七日間」、昔朝日新聞の連載小説だったな。
結構はまって読んでました。。でも、途中で読まなくなってしまったのか、結末を覚えていませんでした(はまってたって言わないか)。

さすが、浅田次郎原作。泣きました。
突然死した中年の椿山さん(西田敏行)が絶世の美女(伊東美咲)になって三日間だけ、現世に戻って遣り残したことをやるって話です。
他にも二人(ヤクザさんと少年)がよみがえります。

テンポもリズミカルで笑えるところも結構あります。
残された人が死んじゃった人に対する思いとか、家族の秘密とか切ない場面もありました。
エンドロールで流れるコブクロの主題歌も映画にとても合ってました。

ちょっと、腑に落ちない部分もあったけど、また見たいな。
それよりも、まずは原作読もう!

posted by nakamaki at 23:55| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

トンマッコルへようこそ

韓国映画の「トンマッコルへようこそ」を劇場公開に先駆けて、オンライン試写会でみました。
パソコンの画面でちょっと小さくて、字幕が白くて見難いのは仕方ないか…。
800万人が泣いて笑ったっていう言葉にも惹かれて申し込んだら、当選して早速見ました。

私は泣くまではならなかったけど、たくさん笑いました。
音楽も風景もとっても綺麗で、出てくる村人も純粋で。
だからこそ、戦争の場面が余計に残虐な感じがしたのだろうな。

もっとファンタジーってだけの映画なのかと思って見たから、なんだか終わり方が悲しかったし、ちょっと納得がいかないです。
いい映画でもあったと思うのだけど。
音楽が久石譲担当だったんだけど、なんか聴いたことある音楽?と思ってしまいました。なんかジブリっぽい感じ。
でも、悪かったってことじゃなくてトンマッコルの世界に合ってる雰囲気でした。

映画の感想を文章にするって難しいなぁ。
人のレビューとか見ると感心するばかりです。

posted by nakamaki at 23:50| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

さらば、ジャック・スパロウ

公開からだいぶ経ちましたが、「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」見に行ってきました。
一日に一回しか上映してないから合わせて行きました。
妹と私は普通料金。母はシニア料金です(こんなこと書いたら怒られそうふらふら)。
免許証とかの確認されなかったことに「顔パス?」と思ってちょっと憤慨ちっ(怒った顔)だったみたいです。

で、肝心の内容はというと。。
ストーリーがどうのっていうよりも笑うのを楽しめばよいような気がする(ディズニー映画だし)。
笑えるところが、結構満載です。ジャック・スパロウが部族につかまって逃げるところとか。
そして、海の悪霊とかはグロいです。
ジョニー・デップとオーランド・ブルームはかっこいい。

ただ、第三弾も見ろ!っていう終わり方はやめてほしいな。
そして、結局見るだろうな。
posted by nakamaki at 22:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

ダ・ヴィンチ・コード

流行に乗って「ダ・ヴィンチ・コード」観てきました。
公開当日に観に行ったのって初めてです。
GWに小説読んで備えておりました。

文章だけだといまいちイメージが沸かなかったような絵のこととかが映像でだいぶ補えました。
本読んでたからだいぶついていけたけど、話を詰め込みすぎな気がしました。
映画に期待し過ぎてたかもしれません。
イメージが沸いたとこで、もう一回小説読みたいな。

カーチェイスシーンは画面が揺れすぎで、酔いそうになりましたふらふら
ぼーっと娯楽として映画を観るってのではなかったです。
頭使いました。

ダ・ヴィンチ・コード展もやってるみたいだけど、行って見ようかな。
良いのかなあ?
私がクリスチャンじゃないから?それとも無知過ぎるのかな?
キリスト教のこと知らないなぁっと思ってしまいました。
posted by nakamaki at 23:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

マッハ!!!!!!!!

昨日は同期の家で鍋パーティーをやりました。
昼から集合して豆乳鍋食べて、ボーリングやりに行って、戻ってきて再び鍋。
ボーリングでこんな器用なことやりました↓
こんなん出ました〜

お腹もいっぱいになって、まったりした頃に「この映画いいよ!」って勧めてくれて
マッハ」を観ました。
タイの映画です。

タイのとある小さな村から盗まれた仏像の首を奪還しに、村一番のムエタイの使い手が
バンコクに向かって闘うっていう話です。
ストーリーは結構単純なものですが、とにかくアクションがすごい!
街中をチンピラから逃げるところでは、思わず叫んだり、笑ったりしてしまいました。
カーチェイスもすごいです。

タイの文化にも触れることができるような映画です。
そういえばタイに行った時にムエタイを見に行ったのですが、その時はムエタイがこんなに仏教に密着したものだとは知らなかったです。
考えてみたら、試合の前にお祈りしていたような…。

スカッとしたい人にはお勧め!
エンドロールのメイキング映像もちゃんと観てね。
ジャッキー・チェンの映画みたい。
posted by nakamaki at 23:39| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

真夜中の弥次さん喜多さん

クドカンの初監督作品「真夜中の弥次さん喜多さん」観ました。
映画公開の時に観たいなと思ってたのがやっとDVDで観られました。
でも、劇場行かなくてDVDで観て正解だったかも。

ワイルドで熱い男の弥次さん(長瀬智也)。ヤク中の役者・喜多さん(中村七之助)。
ヤク中がますますひどくなる恋人・喜多さんの身を案じた弥次さんがお伊勢参りの旅に出る。って話です。

クドカンワールド全開で笑えておもしろかったです。ジーンとさせる部分もあったりします。
出演者もクドカンドラマにはお馴染みな人はもちろんのこと、勘三郎が出てたりとかなり豪華でした。
好き嫌いはだいぶ分かれそうな感じかな。
最後はあまりまとまってないまま終わってたような気もします。
「ひげのおいらん」は笑えるので、クドカン作品好きな人は観てみてくださいな。



posted by nakamaki at 23:01| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場を観てきました。
ジョニー・デップの変人ぽい感じ、よかったです。
途中に出てくる小人の踊りと歌がブラックでかつシュールでおもしろかった。
子供向けな感じだったけど、ちっちゃな子供が観たら夜眠れなくなってしまうのでは?と勝手に心配してしまいます。
あれ?っていう場面も出てきて☆5個は付けられないかな。隣の人からは、寝息が聞こえてきた。
でも、たくさん笑えてよかったです。

続きを読む
posted by nakamaki at 21:33| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。