2005年09月22日

茨城県人チェック

misakingのページでやっていた、ご当地の踏み絵。おもしろいので、やってみました。

生まれたのは別の場所だし、両親とも別のとこ出身なので、純粋茨城人じゃないけど。
なんだか、県北地域の質問が多い気もする。分からないのが多かった。
質問長いよぉ。。ちょっと疲れた。

● 「いばらぎ」と読み間違えられるたびに「いばらき」だと訂正するのに疲れている。
→一応訂正するけど、疲れはしないかな。躍起になって訂正する人もいます。

● 大阪の茨木と間違えられるのがとても不愉快である。
→間違えられたことなんて無いけど。関西に行けば間違えられるのかな?

● 「黄門ばやし」は、水戸市民が誇るダンスミュージックである。
→全然わからない…。

● しょぼろ納豆が好物だ。
→食べたことないし、どんなのか分からない。
(どんなものか調べたら、納豆と割干大根を刻んで醤油漬けにしたものらしいです。おいしそう。)

● 実家にトラックもしくはスーパーカブがある。
→ないよ。

● つくばと言わず「学園」と呼ぶ。
→呼ばない。つくばはつくば。

● 海水浴は大洗海岸である。
→大洗は小学校の遠足以来行ってない。
 家族で海水浴っていうと大洋村行ったり、千葉の九十九里に行ったりしてたな。

● 常磐線を使う茨城県民を「常磐ズ」と呼ぶ。
→そんな言い方あるの?私も「元常磐ズ」ってことか。

● 国道6号線を「ろっこく」と言う。
→もちろん!他になんて言うの?

● 牛久市には、河童が住んでたと信じている。
→牛久と言えば河童!牛久市じゃなくて牛久沼に、でしょ。皿が乾いてしまう。。

● 古河を「ふるかわ」と読まれるたびに「こがです」と訂正するのがじゃまくさい。
→今までにそんなシチュエーションにあったことがない。

● ケガはがまの油で治そうとする。
→しません!

● 水戸の南口のことを「駅南(えきなん)」と呼ぶ。
→知らない。もう何年も水戸には行ってない。

● 実は利根川の向こう側に飛び地がある事を知っている。
→そうなの?

● 水戸駅前の水戸黄門の像はやりすぎたと思いつつも、どうせならうっかり八兵衛も加えてほしかったと思っている。
→三人で十分だよ。

● ビアスパークしもつまで、温泉に入って地ビールを飲むのが楽しみだ。
→行ったことないです。温泉に地ビールいいねぇ!

● ヘンに我慢強い。
→ほどほどだと思います。

● ラ−メン屋に納豆ラ−メンがないと寂しい。
→そんなメニュー自体見た事ないです。

● 日本唯一のTV&FMなし都道府県の称号は、かなりの屈辱である。
→唯一なんだぁ。でも、bay-FM(あるいはNACK5)聞くからいいさ!

● あんこう鍋を愛している。
→食べたことないです。

● ひたちなかを漢字で書ける。
→書けない。

● 家には笠間焼の陶器が1枚以上ある。しかも、日常的に使ってしまう。
→実家にはある。使ってしまうって、あれば使うでしょ。

● 日本三宿と言えば、新宿・原宿・山方宿。
→そうなの?山方に温泉入りに行ったことはあったかな。

● 国道125号線を「ワンツーファイブ」と呼ぶ。
→私は呼ばないけど、友達は呼んでるかな。

● マックスコーヒーが「ジョージア・マックス」に変わっていたときはショックを受けた。
→それよりも、千葉・茨城限定品って知った時の方がショックだった。

● 取手に住んでいるが、住所を聞かれると「ええと、千葉の方だよ」と言ってしまう。
→住んでないからわからない。

● 黄門さまは尊敬しているが、徳川慶喜には愛を感じていない。
→どちらも特になんとも思わない。

● 「かんぎん」と言えば、「第一勧銀」ではなく「関東銀行」のことである。
→第一勧銀、県内にあったっけ?もう名前は変わったけど。

● ファミレスは「ばんどう太郎」が好きだ。
→別に。

● 体育や体育祭の開会式で県民体操をやたらとやらされたので、普通のラジオ体操ができない。
→中学ではやったけど、今となってはもうできない。

● 日立電鉄の赤いチンチン電車に愛着をもっている。
→乗ったこと無い。

● トマトのことを赤ナスと呼ぶ。
→呼ばない。

● 筑波サーキットしかり、つくばにないのに、何でも“つくば●●”とネーミングするのは強引だと思う。
→千葉にあるのに「東京国際空港」「東京ディズニーランド」と同じでしょ。

● 常陽銀行に口座を持っている。
→自分で管理してないけどあります。

● 旅先の朝食で出てくる納豆がまずい。
→そうなの?

● 「そーらにはつくばー、しろいくもー♪」と、歌える。
→歌える!最初の部分は。

● 特急ひたちに乗っている人の9割が日立グループの関係者の為、社内事情等の話は絶対にしてはいけない。
→へ〜。そうなんだ。

● しかし、特急ひたちには生ビールが売っている上に、とても揺れる為、段々どうでもよくなってくる。
→乗ることないから分からないな。

● 夕刊がない茨城新聞に、田舎度が増幅される。
→夕刊がない、は関係ないでしょ。

● 年配の人間の訛りはたしかにキツいが、常磐線で東京から帰ってくるときに、茨城に近づくにつれて訛ってくる女子高生達の言葉には気が付かない事にしている。
→実際私は気づいてない。。

● 茨城人の「え」の発音は正確には「え」「い」の中間の音である。
→「い」の発音も「え」「い」の中間の音かな。

● 偕楽園の梅とツツジで季節の移ろいを知る。
→小学校の卒業遠足以来、偕楽園に行ってない。

● やっぱり蕎麦といえば「けんちんそば」に限る。
→そうなの?おいしそうだけど。

● 実は戸隠蕎麦と称されているものの何割かは、常陸秋そばであることを知っている。
→わからない。

● 冬になると、「水戸カルタ」をやらないと気が済まない。
→存在を初めて知った。

● 都会に出た時、茨城弁で笑いをとったことがある。
→ないです。

● ボタ山に愛着を感じる。
→どこにあるの?

● 鹿島灘近隣の農家のでかい屋敷を「メロン御殿」と呼んでいる。
→知らない。

● 家電製品は日立だ。
→実家のはそうかな。特にこだわってないと思うけど。

● 行動力が素早く、決断が早い。でも後先はあまり考えていない。
→行動力はのんびり、決断は遅く。

● ノアは野田と愛宕の頭文字をとって命名されたという事実に失笑した。
→へぇ。でも、ノアって?

● だから、前例のないようなユニークなフォルムの水戸芸術館を作ったはいいが、変な形すぎて掃除できない事に、建物が出来た後に気が付いた。
→どんな建物だろ?

● 愛宕山といえば前方後円墳〜と、水戸カルタの句がソラでいえる。
→水戸カルタがわからない。

● 1日1回以上、納豆を食べる。
→好きだけどそんなに食べない。

● 栃木県よりは都会だと思っているが、目クソ鼻クソのような戦いだとも感じている。
→どっちもどっち。でも、宇都宮は都会だよね。

● スーパーといえば「カスミ」、コンビニといえば「スパー」だ。
→そうかな。

● 「ニッセイ」とは日本生命ではなく、日立製作所だ。
→日本生命だな。

● 「おはよう茨城」は、必ず見る。
→見ません。

● 茨城県人気質を「怒りっぽい、理屈っぽい、忘れっぽい、飽きっぽい、単純、せっかち、口下手」なとど言われることに少し憤りを感じるが、3つ以上あてはまる。
→あてはまらない、と自分では思ってるけど。。

● 「つくば」と「筑波」には、大きな隔たりがあると思う。
→思う。

● 無アクセントの茨城弁は、コギャル語と相通じるものがある。
→一緒にしないで欲しい。

● 筑波山麓のがまがえるの歌が歌える。
→何それ?

● 見栄っ張りで、人に凄いと思われる事が何よりも快感。
→そんなことないです。

● でも公共施設としては都庁の1000億に次ぐ、800億の予算をかけて建設した新茨城県庁の使い道がなくて途方にくれている。
→そんなに使ったの!他のとこに使ってくれればいいのに。

● 地獄納豆とは何かを説明できる。
→わからない。

● 他府県人から「話し方が恐い」とか「喧嘩売ってるのか?」と言われたことがある。
→怒ってる?って言われることはある。

● 語尾に「だっぺ」「べー」をつける。
→つけない。

● 10年前駅ビルに突っ込む事故を起こし,運転手だけ飛び降りて逃げた常総線を仕方なく利用している。
→常総線一回しか乗ったことない。その駅ビルは使うことあるけど。

● なので,常磐新線の開通を心待ちにしている。
→やっとのことで、「つくばエクスプレス」開通しましたね!何年も前の呼び方だね。

● 「茨城県民歌」が歌える。
→空にはつくば〜、白い雲〜♪全部は歌えないな。さっきの質問じゃん!

● 「土浦全国花火大会」に行ったことがある。
→あります。10月の第一土曜ですね。

● 近所のもち撒きには家族総出で参加する。
→餅撒きに出会ったことがない。

● 車の運転をするときは、道路にある速度規制の2倍までならスピードを出してもいいと思ってる。
→そんなことは思いません。

● 2車線の道路の左側は、駐車スペースであると思っている。
→そうしてる人もいるね。

● 常磐道から都心に入ると、「なんて電気の無駄遣いをするんだ」と憤ってしまう自分が少し悲しい。
→思わない。

● 筑波山が紫に見えると、冬の到来を知る。
→紫に見えるんだ?この冬は見てみよう。

● 七五三は結婚式場を借りて、盛大に祝うものである。
→しないです。

● すぐ近所に無料精米所がある。
→ちょっと離れたところにはある。

● コスモ星丸のキャラクターグッズを持っている。
→あります。懐かしき「つくば'85万博」

● 買い物といえばジョイフル本田だ。
→買い物といえば、って程ではない。でも、ホームセンターといえばジョイ本かな

● 家にカラオケの機械がある。
→ないです。

● サッパ船に乗って潮来十二橋めぐりをしたことがある。
→潮来は行ったけど、してないです。

● 冬の楽しみのひとつは袋田の滝の完全氷結である。
→見てみたいな。

● 熱しやすく冷めやすい単純な性格だと思う。
→その通りかなぁ??

● 怒りっぽい性格に、桜田門外の変、血盟団事件、五・一五事件、二・二六事件など、歴史上のテロ事件にすべて絡んでいる茨城県人の過激な血を認識することがある。
→そんなことない。

● 休日は大心苑でテニスをするのが楽しみだ。
→どこですか?

● 水戸黄門が食したたといわれる水戸藩ラーメンが自慢。
→あるらしいね。でも、食べたこと無い。

● サッカーJ1の鹿島アントラーズが誇り。でも、J2に水戸ホーリーホックがある事は忘れている。
→忘れてはいないです。

● 干し芋農家が知り合いに多い。
→知り合いいないです。

● ひらがなの地名が多いので、宛名を書くとなんとなくまぬけになるのが不満。
→そうかもね。

● 国際科学技術博覧会 (科学万博)のテーマソング「HOSIMARUアッ!」が歌える。
→なにそれ?

● 家のどこかに科学万博グッズがある。
→さっきの星丸グッズと質問がかぶってるけど。

● 筑波大の応援団が太鼓の音とともに演舞する「桐葉の舞」は少しキモい。
→見たことないです。

posted by nakamaki at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(4) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も言わせて頂きます。
ながっ!!!!!
…今度、改めてコメントさせて頂きます〜。
Posted by かたな at 2005年09月26日 01:11
>かたな様
ほんと、長いですよね!
他県バージョンもあるので、ぜひやってみてください!
Posted by nakamaki at 2005年09月26日 19:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

粉引・六寸皿(径18.5cm  高さ5cm)
Excerpt: ■径18.5cm  高さ5cm★益子焼の生みの親、「笠間焼」。その陶芸家たちの「土から生まれる物語」をそれぞれの作品に込めています。[粉引・刷毛目の器]シリーズは、普段使いの食器を中心に、暮らしの中に..
Weblog: 陶器を攻める
Tracked: 2007-08-18 13:09

粉引小どんぶり(15×14cm前後・高さ9cm前
Excerpt: ちょっと小振りのどんぶりですので、具だくさんのスープやお茶漬け、鍋物の取り鉢にも重宝しそうです。■15×14cm前後・高さ9cm前後白化粧の器★益子焼の生みの親、「笠間焼」。その陶芸家たちの「土から生..
Weblog: 陶器がたくさん
Tracked: 2007-09-09 13:14

青流白磁・深どんぶり(径14.3cm、高さ9.
Excerpt: ★益子焼の生みの親、「笠間焼」。その陶芸家たちの「土から生まれる物語」をそれぞれの作品に込めています。[青流白磁シリーズ]は、白磁の器に青磁の流線を流し込んだ、美しい作品です。器のデザイン、フォルムを..
Weblog: 陶器への思い
Tracked: 2007-09-15 21:48


Excerpt: ・TOTO工場見学・特許庁定例発表、8/21地域団体商標登録査定「加賀太きゅうり ...・中鉢の噂・ラブ民藝品・フランスで日本陶芸展・・・・匠のまつり・=☆ 一日だけのGW ☆=・[チェック]ご当地チ..
Weblog: 陶器のレス
Tracked: 2007-09-18 17:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。