2008年11月06日

イン・ザ・プール、空中ブランコ

3ヶ月ほど前に偶然入ったカフェ喫茶店においてあったコミュニケーションノートに「空中ブランコ」がお勧めですよと書いてありました。
(ちなみに、直木賞受賞作です本
そのカフェに空中ブランコが置いてあったので、その中でも特にお勧めの義父のヅラを読んではまっちゃいました。
その時は声出して笑ってました。

近いうちに他の話も読もう!と思っていた割りに3ヶ月も経ってしまったのだけど、やっぱり他の話もおもしろかった。
短編なのだけど、すごく読み応えがあって、読み終わった後に元気が出ました。
主人公の精神科医の伊良部、こんな人いてほしいような、いてほしくないような。。


【関連する記事】
posted by nakamaki at 23:48| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。